最高のラウンドをしっかり堪能

バンコクには、東南アジアを代表する魅力的なカントリークラブがいっぱいあります。プロアマを問わずゴルフを愛する人達が数多く集まる為、大変人気が高いプレイスポットにもなっています。バンコクの中でも利用者が特に多いのが、「ザ・ロイヤルジェムス・ゴルフ&スポーツクラブ」です。チャオプラヤー川を通り越し、トンブリを抜けたプッタモントンエリアへと位置する、美しいクラブです。交通便が以前よりも大幅に良くなったので、バンコク市内から車で60分程度で簡単にアクセス出来ます。広々としたコースや、ラウンドをやるのに最適な環境である為評判も凄く良いです。コースの配置や配列に関しても評価が優れているので、ゴルフの腕を磨くのに適しています。2016年へと180日位を費やし、グリーン・フェアウェイ・ティグランド・を全て作り直した為、最近は不具合などがない、安定した状態を維持しています。池が多く長くて広い上、フェアウェイをうっかり外す事で、粘るラフが厳しさを増します。慎重に考えながらゲームを進められる為、充実したゴルフコンペを上手く味わえます。2つ目に紹介するのが、「アルパインゴルフ&スポーツクラブ」です。この施設は、ドンムアン旧国際空港から北東の方角へと建てられています。バンコク市から自動車で1時間ほどの位置に存在する、伝説的な記録が残っている有名なゴルフ場です。このカントリークラブで、2000年に開かれたジョニー・ウォーカー・クラッシュへと出場した、あのタイガー・ウッズ氏が25アンダーと言う驚異的なスコアで勝利を掴みました。それ以降もアーニーエルス氏や凄腕のゴルファーなどが、白熱した闘いを繰り広げた場所として知られています。バンカー関係のトラップが無数に設置されているので、中級者や上級者のプレーヤーにオススメです。3つ目に紹介するのは、「ザ・ロイヤルジェムス・ゴルフシティ」です。最初の9ホールとは、全英オープンが開催されるセンドアンドリュースや、全米オープンが実施されるアメリカ合衆国の特別なホールを演出しています。残り半分の9ホールでは、マスターズが開かれる、オーガスタを見立てた2012年にスタートした完全会員システムの限定コースです。バンコクには稀にしかない、上がり下がりがあるフェアウェイや、難解なコースレイアウトが多い為、日本だけでなく世界各国のゴルフファンを虜にしています。バンコクには上記以外にも、素晴らしい施設などが膨大に経営されています。ゴルフをプレイするのならバンコクとも言われている為、今までに体感した事がない、最高のラウンドをしっかり堪能出来ます。

blog

Posted by mori